目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
大きめなサイズの単衣色無地 春のコーディネート

スーパーゴールデンウィークも終わり、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

気温も上がってきていますので、そろそろ

夏の準備もしておいた方がよさそうですね。

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

 

P4280281 (2).JPG

 

利休白茶色の縮緬地の柔らかい印象の色無地、

よろけたような縦縞の地紋が入っています。

五三の桐の染抜き一つ紋が入っています。

 

P4280284 (2).JPG

 

オフホワイトの刺繍の半衿と

牡丹唐草の袋帯を合わせました。

柔らかい白地が爽やかな綺麗な袋帯です。

 

P4280282.JPG

 

牡丹唐草は名物裂に多く見られる文様の

一つで、茎と花が調和した優美な美しさのある

伝統的な文様です。

 

P4280285 (2).JPG

 

帯留もパールの大きさのある豪華なものを合わせます。

 

P4280283 (2).JPG

ほんの少しだけ緑がかったベージュは

優しいお色でとても素敵ですね。

年代も幅広くお召しいただけて重宝いたしますね。

観劇やお茶会など改まったお席に

如何でしょうか?

 

 

色無地:¥23,000(税別)

身丈:4尺4寸(166.7m)

裄:1尺7寸8分 (67.4cm)

袖丈:1尺3寸7分 (51.9cm)

 

袋帯:¥25,000(税別)

長さ:4m20cm

 

帯留(obido-000294):¥120,000(税別)

帯揚:¥5,400(税別)

半衿:¥12,000(税別)

 

 

 

5月25日土曜日17時のコーディネート教室

まだ1席空きがございます。

ご参加お待ちしております!

by wanokaori

個性的な菖蒲の柄の訪問着

今の季節は着物のモチーフが豊富で嬉しいですね。

今日はこれから見頃を迎える、菖蒲の柄の訪問着の

ご紹介です。

 

柿色に黒で描かれた個性的な訪問着。

キリっと格好いい印象です。

P5050286 (2).JPG

菖蒲か、もしかしたらアヤメかも?

P5050289.JPG

単衣の訪問着:¥39,000+税

身丈:肩から4尺3寸5分(約164.8cm)

裄:1尺7寸(約64.4cm)

袖丈:1尺3寸3分(約50.4cm)

前幅:7寸(約26.5cm)

後幅:8寸2分(31.1cm)

※この商品は、一般的な寸法より身幅が広めです。

 

西陣織の袋帯です。ヨコ糸に漆や金糸が織り込まれた

たいへん手の込んだものです。

着物の雰囲気に合わせて、帯も個性が強いものを

選びました。

P5050287.JPG

 

P5050290.JPG

袋帯:¥28,000+税

長さ:約4m52cm

 

残念ながら端午の節句は過ぎてしまいましたが、

帯留には兜を。白蝶貝が爽やかです。

P5050288.JPG

白蝶貝の帯留:18,000+税

 

少し個性的な装いですが、海外でのパーティーや

観劇などにもオススメです!

 

 

by スタッフ jimmy

単衣の色無地でモダンなコーディネート

連休の後半、ようやく5月らしいお天気になって

きました。

新緑や青葉・若葉、新茶の香りなど、5月は

グリーンを連想させる言葉が多いですね。

 

5月最初の…というより、令和初のブログは、

爽やかな季節に合わせたモダンなコーディ

ネートをご紹介します。

 

綸子地の単衣の色無地です。ミント系の薄い

グリーンが爽やかな印象です。

水玉模様のような地紋がはっきりしているので、

無地でも動きのあるお着物です。

P4270286.JPG

亀甲文に花菱の白抜き一つ紋があります。

P4270290.JPG

単衣の色無地:売約済

 

更紗風文様の帯とアールデコ調の帯留でモダンな

雰囲気に。

普段はなじませることの多い帯揚は、着物と帯留と

色調を合わせ、さらに明るさをプラスしました。

P4270287.JPG

 

P4270291.JPG

袋帯:¥5,000+税 ※シミがあります。

長さ:約4m14cm

 

P4270289.JPG

帯留(obido-000295):150,000+税

※この商品は、通販のページでも

お買い求めいただけます。 ⇒ コチラ

 

季節の雰囲気を取り入れつつ、現代にマッチする

モダンなコーディネートに仕上げました。

ご婚礼や、少し改まったお席にもおすすめです!

 

 

by スタッフ jimmy

今の時期にぴったり単衣藍色型染め紬

東京は2,3日前から真冬のような寒さです。

山にはうっすら雪が積もった様子が見えます。

ここまで気温が乱高下すると、辛いですね。

皆様、ご自愛くださいませ。

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介いたします。

 

P4250276 (2).JPG

 

白地に立涌に藍色の型染めの涼しげな印象

の紬です。

鶴、松、竹、あやめなど、おめでたい柄の

どこか遊び心があるような紬です。

 

P4250279 (2).JPG

 

一見、綿のように見えますが、実は絹という

ところが意外性があって面白いですね。

 

P4250277.JPG

 

着物の主張が強い時には、合わせる帯は控えます。

節のある風合いのある無地の帯は、素朴で

いいですね。

 

P4250280 (2).JPG

 

無地の帯には帯留がポイントになります。

今回はコロンとした大きめなアイヌ玉の帯留を

合わせます。

 

P4250278 (2).JPG

 

ちょっとしたお出かけに如何でしょうか?

 

 

 

紬:¥20,000(税別)

身丈:4尺2寸(159.1m)

裄:1尺6寸5分 (62.5cm)

袖丈:1尺3寸 (49.2cm)

 

名古屋帯:¥22,000(税別)

長さ:3m68cm

 

アイヌ玉帯留:¥15,000(税別)

 

 

 

明日から3日間はお休みいただきます。

5月2日木曜日より営業いたします。

令和になって、お待ちしております。

 

by wanokaori

グレーの紬で粋なコーディネート

連休の始まりだというのに、今日の東京は

なんだかスッキリしないお天気…

 

そんなお天気に影響されて⁈ 今日はグレーの

濃淡でコーディネートしてみました。

 

洗い張りをして、寸法を大きめに縫い直した紬の

単衣に、アンティークの帯を合わせました。

縞の太さとグレーの濃淡で粋な雰囲気の紬です。

P4270281.JPG

この画像↓が実際のお色目に一番近いです。

P4270283.JPG

単衣の紬:¥38,000+税

身丈:肩から4尺2寸(約159.1cm)

裄:1尺8寸(約68.2cm)

袖丈:1尺3寸(約49.2cm)

 

帯はグレー・ベージュ・ターコイズグリーンを

幾何学的に配した、面白い帯です。

モダンな中に古典的な文様が描かれています。

帯揚で色を足してアクセントにしました。

P4270282.JPG

着物の粋な雰囲気に合わせて、銀座結びにしてみました。

P4270285.JPG

アンティークの開き名古屋帯:売約済

 

 

コウモリの帯留で遊び心を。

木彫の、表面の風合いがなんともいい感じです。

P4270284.JPG

木彫の帯留:¥12,000+税

 

今日のコーディネート、いかがでしたか?

色合いとしては少し暗めですが、こういったお色目は

晴れた明るい日差しの下では、くすんで見えてしまう

場合もあります。

今日のような薄曇りの日は、このようなトーンを

落とした合わせ方もオススメです。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

by スタッフ jimmy

紫陽花の帯で落ち着いた雰囲気のコーディネート

今日の東京は雨が降ったり止んだりして、少し

肌寒いです。

 

まるで梅雨のようなお天気ですが、これからの

雨の季節によく合う、紫陽花の帯を使った

コーディネートのご紹介です。

 

型絵染の紫陽花。落ち着いた色合いが風情ある

図案の雰囲気を生かしています。

帯留も色味を合わせて、統一感を。

P4190266.JPG

この画像↓が実際のお色目に一番近いですが、

もうワントーン暗めです。

P4190267.JPG

名古屋帯:¥35,000+税

長さ:約3m60cm

アメジストの帯留:¥19,000+税

 

似た色目の単衣の紬を合わせました。

織柄の主張が強くないので、帯の柄が引き立ちます。

P4190265.JPG

この画像↓が実際のお色目に一番近いです。

P4190268.JPG

単衣の紬:¥22,000+税

身丈:肩から4尺2寸5分(約161cm)

裄:1尺7寸3分(約65.5cm)

袖丈:1尺1寸5分(約43.6)

前幅:7寸2分(約27.3cm)

後幅:8寸1分(約30.7cm)

※この商品は、一般的な寸法より身幅が広めです。

 

パステル調の紫陽花の柄も多いですが、この帯の

落ち着いた雰囲気を生かしたコーディネートに

仕上げました。

 

 

by スタッフ jimmy

 

晩春の雰囲気漂うコーディネート

このところ、東京はいいお天気が続いています。

急に寒かったりしたので、仕舞ったり出したりした

冬物のお洗濯もようやくはかどりますね。

 

お着物もそろそろ衣替えの季節です。

そこで今日は、単衣の紬で、晩春の雰囲気漂う

コーディネートのご紹介です。

 

葉桜のような色合いの紬です。

生地が比較的厚めなので、今からお召しになっても、

あまり肌寒くはないと思います。

この画像↓が実際の着物のお色目に一番近いです。

P4190276.JPG

 

P4190281.JPG

紬の単衣:¥18,000+税

身丈:肩から3尺9寸5分(約148.9cm)

裄:1尺6寸3分(約61.7cm)

袖丈:1尺2寸3分(約46.6cm)

 

春の終わりを意識して、これからが美しい薔薇の

帯を合わせました。

P4190277.JPG

この画像↓が実際の帯のお色目に一番近いですが、

もう少しくすんでいます。

P4190280.JPG

アンティークの名古屋帯:¥25,000+税

長さ:約3m55cm

 

帯留も薔薇にしました。コロンと可愛らしい

フォルムです。

P4190278.JPG

象牙の帯留:¥15,000+税

 

薔薇の名所めぐりや気軽なお出かけなどに

いかがでしょうか?

 

池田では、6月からと言わず、気温や体感温度で

早めに単衣をお召しになるのをオススメしています。

店頭にも色々取り揃えてございますので、ぜひ

遊びにいらしてください!お待ちしております。

 

 

by スタッフ jimmy

サーモンピンク色の藤柄の付け下げ

東京の桜は葉桜になったり、散りつつあります。

今年は長く楽しめましたね。

 

昨年、桜と共にあっという間に時季が終わって

しまったのが、藤の花。

今年は乗り遅れまい!と、藤の花の付け下げを

ご紹介します。

 

藤と言えば紫色を思い浮かべると思いますが、

この藤はサーモンピンクで、とても珍しいです。

地色も薄いピンクで上品な雰囲気です。

P4190269.JPG

 

P4190271.JPG

付け下げ:¥22,000+税

身丈:肩から4尺1寸5分(約157.2cm)

裄:1尺7寸(約64.4cm)

袖丈:1尺2寸(約64.4cm)

 

半衿も藤の花で、柄の少ない上半身に華やぎを。

P4190284.JPG

藤の刺繡半衿:¥12,000+税

 

暖色系の藤が爽やかに見えるよう、シャープな

幾何学的な線の帯を合わせて、スッキリとまとめ

ました。

P4190270.JPG

 

P4190273.JPG

袋帯:¥28,000+税

長さ:約4m28cm

 

着物と帯から似た色を拾って、砂金石の帯留を

合わせました。

キラキラとした輝きが特徴の石ですが、控えめな

輝きなので、カジュアルなお着物にも合わせやすい

です。

P4190282.JPG

砂金石の帯留:¥8,000+税

※汚れがあります。

 

可愛らしい色味の藤の花を、甘すぎないコーディ

ネートに仕上げました。

ちょっとお洒落したいな、というお出かけに

いかがでしょうか?

 

 

by スタッフ jimmy

 

野暮カワイイ?! ろうけつ染めの小紋

 

野暮ったいけど、なんかちょっとカワイイかも⁈

見れば見るほど気になる…っていう着物を、

お店では、勝手に”野暮カワイイ”といって

愛でているんですが(笑)

 

今日はそんな”野暮カワ”な1着をご紹介します。

 

お納戸色のろうけつ染めの小紋。

抽象化されたお花がなんとも野暮カワ!

とはいえ、ろうけつ染めの丁寧な仕事がされた、

いいお着物です。

P4060256.JPG

 

この絶妙なひび割れ、ろうけつ染めならではの

風合いですね。

この画像↓が実際のお色目に最も近いです。

P4060260.JPG

小紋:¥10,000+税

身丈:肩から4尺2寸3分(約160.2cm)

裄:1尺7寸2分(約65.2cm)

袖丈:1尺3寸2分(約50cm)

 

濃いブルーの濃淡が織り出された、無地の帯を

合わせました。全体が引き締まります。

P4060257.JPG

 

P4060259.JPG

開き名古屋帯:¥22,000+税

長さ:約3m68cm

 

無地の帯には存在感のある帯留でポイントを。

クリップ式なので、あらゆる巾の帯締めにお使い

いただけます。

P4060258.JPG

天然石の帯留:¥5,000+税

サイズ:横6cm×縦4cm(最も大きい箇所で)

 

小物でポイントを作って、”野暮カワ”な着物を

スッキリとしたコーディネートに仕上げました。

街歩きなどちょっとしたお出かけにいかがですか?

 

by スタッフ jimmy

 

春と秋に着回しの効く単衣の紬

 

これからはどんどん暖かくなるだろうと、店内の

ディスプレイを単衣多めにした矢先、今日の

東京は肌寒い…ですが、せっかく着せたので、

今日はこちら、単衣の紬のご紹介です。

 

薄い柿色に矢絣のような模様が織り出された

紬です。大きな市松模様のようにも見えますね。

この画像↓が実際のお色目に一番近いです。

P4060265.JPG

 

よく見ると、地色に多様な色が織り出されています。

P4060269.JPG

単衣の紬:¥32,000+税

身丈:肩から4尺4寸(約166.7cm)

裄:1尺7寸(約64.4cm)

袖丈:1尺2寸8分(約48.5cm)

 

今回は、レースの半衿と生成り色の帯で軽やかに

しましたが、帯を濃い色に替えれば秋口にも。

春と秋に着まわしが効く単衣です。

P4060266 (2).JPG

 

P4060268.JPG

名古屋帯:¥25,000+税

長さ:約3m56cm

レースの半衿:¥2,500+税

 

アールヌーヴォー様式のメノウの帯留です。

帯留一つで、上級者のようなこなれた雰囲気に。

P4060267.JPG

メノウの帯留:¥25,000+税

 

気象庁の3か月予報によると、この先の気温は

平年並みがやや高めとなっています。

単衣をお探しの方、お早めにどうぞ!

お待ちしております。

 

by スタッフ jimmy