バティックの帯に洋蘭の帯留

  • 2020.05.08 Friday
  • 12:00

昨日も今日も、久しぶりに富士山を見ることができました。

気持ちの良いお天気ですね。

地域によっては自粛生活が終わりになるようですが、

東京はもう少し我慢しないといけないですね。

あと少しがんばりましょうね。

 

 

本日はこちらの帯と帯留のご紹介です。

 

 

暗い灰みがかった柔らかい茶色のバティックの名古屋帯です。

斜め縞がシャープでキリッとした印象の更紗柄です。

室町時代から「海のシルクロード」を渡って日本に運ばれ始めた更紗は、

そのめずらしさと強烈な個性で人々の心を魅了しました。

江戸時代には日本風へ変化を遂げていきましたが、その過程で友禅の技術を触発したとも言われているそうです。

 

 

その更紗帯に合わせたのは、洋蘭を象り、小さなルビーが入った銀製の帯留です。

透かしのフォルムが帯の個性を邪魔していませんね。

蘭の花は一年中咲いているようですので、季節を問わずお使いいただけると思います。

無地の紬などに合わせて街着などに如何でしょうか?

 

 

綿名古屋帯:¥25,000(税別)

長さ:3m70cm

銀製帯留:¥55,000(税別)

三分紐:¥3,200(税別)

 

by wanokaori

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

お知らせ

ブログ掲載商品については、お気軽にお問い合わせください。
TEL: 03-3445-1269
meguro@ikeda-kimono.com

※メールでのお問合せに対して、お返事が遅くなることがございます。

ブログ掲載商品は、店頭でも販売いたしております。
メール確認時には売り切れになっていることもありますので、ご了承ください。

お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。
---------------------------
営業時間

11:00 - 17:00


営業日:木曜日、金曜日、土曜日
---------------------------
ホームページ
リニューアルいたしました。下記にリンクが貼ってありますので、ご覧ください。

ランキング



 

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM