目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『自分でできるヘアスタイル講座』第二弾 | main | アンティーク 秋の装い >>
葡萄文様の訪問着

七五三参りの時期ですね。

可愛いお祝い着のお子さんを見るのが

楽しみです。

当店でも、他店にはないような素敵な七五三の

お祝い着を揃えておりますので、ぜひ実物を

ご覧にお越しくださいませ。

 

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

 

PA290062.JPG

 

練り色の綸子地に白と赤の葡萄の友禅。

絞りの流水文の上に葡萄の蔦が生き生きと

描かれていますね。

 

PA290064.JPG

 

合わせた帯は古典柄の切りばめの袋帯です。

金は少し控えめな古典的な雰囲気のある帯です。

 

PA290063.JPG

 

衿元がさっぱりとしたお着物には刺繍の

半衿はとても映えます。

綺麗な刺繡の半衿で上品さと優雅さをプラス

します。

 

PA290065.JPG

 

PA290066.JPG

 

このコーディネートの場合、帯留がポイント

になりますね。

真珠の葡萄にオパールなどの宝石も入った

少し豪華な帯留をつけると、完成度が増します。

 

 

PA290073.JPG

お祝いの席など、秋の改まった場面に

如何でしょうか?

 

 

訪問着:¥38,000(税別)

身丈:肩から 4尺2寸1分(約159.5僉

裄丈:1尺6寸7分(約63.3僉

袖丈:1尺6寸8分(約63.6僉

 

 

袋帯:¥30,000(税別)

長さ:4m7cm

 

帯留:¥95,000(税別)

帯揚:¥5,000(税別)

半衿:¥12,000(税別)

 

 

 

 

七五三参りは3歳は髪置きの儀、5歳は袴儀

7歳は帯解きの儀が発祥のようです。

と、以前受けた着物検定の試験に出ていました。

by wanokaori

COMMENT









Trackback URL
http://ikedashigeko.jugem.jp/trackback/1850
TRACKBACK