目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 透け感が涼しげな紗のお着物 | main | 薄物にアメンボの帯留 >>
単衣の大島紬

今日の東京は朝は雨が降っていて、涼し

かったのですが、お昼頃からは晴れて

温度も上がってきましたね。

明日から30℃を超える日が多くなるようです

ので体調管理にはお気を付けください。

 

 

 

本日は、こちらの単衣のご紹介です。

淡いピンクの地に大きな源氏車の文様です。

 

P6240351.JPG

 

一見、中心の車輪の白がお花にも見えますね。

淡いお色なので、涼やかです。

 

P6240356.JPG

 

 

合わせた帯は同系色の八寸名古屋帯です。

透けてはいないのですが、薄くて軽やかな

印象です。お色味はこちら↓が近いです。

 

 

P6240352.JPG

 

帯留は白蝶貝のトンボです。

目には螺鈿が入っていて、可愛らしいですね。

白蝶貝の色を上手に使って、羽や胴体を

表現しています。

 

帯留.JPG

 

P6240355.JPG

 

軽いお出かけに如何でしょうか?

 

 

 

単衣大島:¥15,000(税別)

身丈:肩から 4尺1寸5分(約157.2僉

裄丈:1尺7寸1分(約64.8僉

袖丈:1尺2寸5分(約47.4僉

 

 

名古屋帯:¥6,500(税別)

長さ:約3m55

 

 

トンボの帯留:売約済

帯揚:¥4,500(税別)

 

 

 

7月は文月です。短冊に歌や字を書き

書道の上達を願った七夕の行事に

因んでいるとの言われがあるそうです。

久しぶりに手紙を書いたら、何度も書き直しを

余儀なくされました。

メールやラインばかりではなく、たまには

字を書かないとダメですね。

 

by staff:wanokaori

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://ikedashigeko.jugem.jp/trackback/1792
TRACKBACK