目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春の海をイメージしたコーディネート | main | 4月『着物コーディネート教室』予約状況について >>
アンティークの中振袖

 

今日の東京も初夏のような気候です。

花吹雪もあと残り少しですね。

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

紗綾型の地紋にくす玉の中振袖です。

 

P4020218.JPG

 

鮮やかな桔梗紫色が目を引きますね。

 

P4020219.JPG

 

橘や牡丹、桐、菊など

上前いっぱいにくす玉が豪華に

描かれています。

 

P4020222.JPG

 

所々、金糸銀糸の刺繍なども入っています。

 

P4020221.JPG

 

帯留は象牙に淡いピンクの着色した

牡丹を一粒。

 

P4020220.JPG

 

合わせた帯は少し控えめに、お着物の柄を

引き立てます。亀甲に花菱の袋帯です。

 

P4020223.JPG

 

お食事会やちょっとしたパーティーに

如何でしょうか?

 

 

 

中振袖:¥18,000(税別)

身丈:肩から 4尺0寸5分(約153.4僉

裄丈:1尺6寸5分(約62.5僉

袖丈:1尺7寸5分(約66.3僉

 

 

袋帯(b-355):¥12,000(税別)

長さ:約4m4僉 昔のサイズです)

*芯が入っておりません。

 

 

帯留(ikeda-obido-000085):¥85,000(税別)

この商品は通販ページにて詳細をご覧いただけます。

 

 

 

 

 

染井吉野は終わって、大島桜は

まだ見頃ですね。

今年はつくしもまだあります。

暑い夏にならないといいですね。

by staff wanokaori桜

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://ikedashigeko.jugem.jp/trackback/1759
TRACKBACK