目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桜の柄のお振袖 | main | 3月『着物コーディネート教室』満席のお知らせ >>
矢羽根絣とカタバミの帯

本日より、3月21日(祝)のコーディネート講座

のご予約を開始いたしました。

今回のテーマは「季節と柄」です。

午後の講座は満席になってしまいましたが、

午前の部はまだ空きがございます。

皆様のお申込みをお待ちしております。

 

 

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

白地に深紫色の矢羽根文様の総柄小紋です。

 

P2260219.JPG

 

江戸時代、結婚する際に出戻ってこない願いを

込めて矢羽根の柄の着物を持たせたそうです。

射た矢は戻ってこないことから縁起の良い柄と

人気が出たそうですね。

 

 

P2260220.JPG

 

合わせた帯は白地の塩瀬にカタバミと藤の丸文様

の名古屋帯です。華やかで春らしい帯ですね。

 

P2260221.JPG

 

帯留は池田オリジナルの一粒の真珠です。

 

P2260222.JPG

 

卒業式シーズンです。矢絣に海老茶色の袴で明治、

大正の女学生のように装うのもいいですね!

 

 

 

 

小紋:売約済

 

 

名古屋帯:売約済

 

 

帯留:¥13,000(税別)

半衿:¥2,300(税別)

 

 

 

 

長い間、カタバミとクローバーを

混同していました。

思い出してみると昔から、カタバミも

周りでよく目にする野の草でしたね。

5月から10月に花を咲かせるようですので、

黄色い小花を探してみようと思います。

by staff wanokaoriクローバー

COMMENT









Trackback URL
http://ikedashigeko.jugem.jp/trackback/1746
TRACKBACK