目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 白鷲の付下げ訪問着 | main | 黒地唐花夏羽織コーディネート >>
波柄の付下げ小紋

 

毎日暑いですが…

少しでも涼しく感じていただけるよう、

波柄の黒い付下げ小紋を海にちなんで

コーディネートしてみました。

 

P8060012.JPG

絽の付下げ小紋(b-489):¥5,000

※後身頃に3mm程度の穴あき有

身丈:肩から4尺5分(約153.4cm)

裄丈:1尺6寸8分(約63.6僉

袖丈:1尺5寸3分(約58僉

 

浮世絵のような柄ゆきの明つづれの

夏帯を合わせました。

着物を白波が立つ海に見立て、船が次々に

出航していく…ようなイメージで選びました。

P8060013.JPG

P8060015.JPG

明つづれの夏帯(obi-455):¥65,000

長さ:約4m50cm

 

帯留と半衿も波柄で統一して、池田らしい

コーディネートに仕上がりました。

P8060010.JPG

P8060011.JPG

シルバーとジルコニアの帯留(obido-349)

:¥38,000

絽の刺繡半衿(komo-233):¥12,000

 

季節の柄やお好きなモチーフで今回のような

ストーリーのあるコーディネートができると

楽しいですね。

 

by スタッフ jimmy

COMMENT









Trackback URL
http://ikedashigeko.jugem.jp/trackback/1662
TRACKBACK