目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あざみコーディネート | main | レース編み刺繍の着物 >>
越後上布のちょっと残念なコーディネート

今日の東京は真夏のよう!!

梅雨入りしたばかりなのに、晴れ間の

訪れが早すぎる…と思うのは私だけ

ではないですよね。

 

こんな暑い日には、越後上布の着物で

涼やかにコーディネートしてみました。

 

P6080220.JPG

P6080224.JPG

 

越後上布の着物(b-429)

売約済

身丈:肩から 3尺8寸5分(約43.6cm)

裄丈:1尺6寸5分(約62.5cm)

袖丈:1尺1寸5分(約43.6cm)

 

透け感といいシャリシャリとした肌ざわり

といい、やっぱり上布はいいですよね。

帯は、海老の刺繡の寿文。

海老の目がくりくりと愛嬌があります。

 

なのに、タイトルにどうして

「ちょっと残念な」なんてつけた

かと申しますと。

 

帯が絽ではなく、よーく見ると…

P6080223.JPG

P6080225.JPG

銀糸が織り込まれた生地で、袷の帯だった

のです…(泣)

これが絽だったら完璧なのに…ということで

残念なコーディネートです。

 

名古屋帯(b-430):¥38,000(税別)

※汚れあり

長さ:3m33cm

 

帯留:¥10,000(税別)

 

途中で気付いたんですが、せっかくなので
掲載してしまいました。

お目汚し、失礼いたしました。

 

by スタッフ jimmy

 

COMMENT









Trackback URL
http://ikedashigeko.jugem.jp/trackback/1625
TRACKBACK