目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 五月の『着物コーディネート教室』予約状況について | main | 丸文様の単衣結城紬 >>
更紗の帯と亀甲柄紬

あっという間のゴールデンウィーク、

街中はいつもの日常に戻った感じですね。

ただ、気温が高かったり、今日みたいに

涼しかったり、寒暖差で体調を崩されませぬ

ように、くれぐれもお気を付け下さい。

 

今日は、爽やかな白地の亀甲柄の単衣紬を

アンティークの更紗の帯でコーディネート

してみました。

単衣の紬着物(b-394):売約済

身丈:肩から 4尺2寸(約159僉

裄丈:1尺6寸5分(約62.5僉

袖丈:1尺2寸5分(約47.4僉

 

アンティーク帯(anti-obi-67):¥28,000(税別)

長さ:約3m64

⇒HP通販商品で、ご紹介しています。こちら

 

陶器の帯留(b-388):¥75,000(税別)

※人間国宝に認定された陶芸家・清水卯一の作品です。

P4240097.JPG

P4240099.JPG

よく見ると、細かな亀甲柄の中に、白く抜かれて、

大きな亀甲柄を表しています。

P4240098.JPG

帯は、銀座結びで小粋な感じで、

お天気のいい日に、軽やかにお出かけしてみませんか。

紫外線が強いので、日傘は必須ですね。。。

 

by スタッフおとみねこ

 

COMMENT









Trackback URL
http://ikedashigeko.jugem.jp/trackback/1609
TRACKBACK