目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 店主 池田由紀子の装い | main | 彫金の毬 >>
涼し気な夏着物

本日はアンティークの絽の色留をご紹介いたします。


P6040001.JPG
少し撚りのかかったかなり細い上質な糸で織られた絽縮緬。
青みがかった紫系の地色に薄くシルバーの縦縞が
入ってアクセントとなっています。
前柄のお花はまるで花束のよう。
染め抜き一つ紋が入っています。

P6040002.JPG

本日は絽の袋帯を合わせてみました。
テッセンの柄が初夏にピッタリ
淡いピンクの地色はいろいろなお着物と相性がいいですね。


P6040003.JPG
透け感があるので、かなり涼し気です。
アンティークですので、訪問着として
お召いただけると思います。
結婚式や、パーティー、ご友人とのお食事などに
お召いただけます。
夏のお洒落な装いにいかがでしょうか?

着物(b-225):¥45,000(税別)
やけ、シミなどございますので、店頭にてご確認ください。
身丈:肩から 3尺9寸8分(約150.8僉
裄丈:1尺7寸4分(約65.9僉
袖丈:1尺5寸5分(約58.7僉

袋帯(b-030):¥20,000(税別)
長さ:4m
オパールとパールの帯留(obido-009):¥80,000(税別)


毎年7月9、10日は浅草寺にてほおずき市が行われます。
朱色のほおずきは玄関に置くと魔除けにもなりますよね。
この時期にお参りすると4万6千日分のご利益いただけるとか。

ほおずきを水につけておいて置くと、筋だけ残って
スケルトンになるのご存知でしょうか?
ぜひ一度トライしてみて下さい!ほおずきほおずき

by staff wanokaoriほおずき










 
COMMENT









Trackback URL
http://ikedashigeko.jugem.jp/trackback/1443
TRACKBACK