夏帯色々

  • 2020.08.29 Saturday
  • 12:13

 

あと3日で9月になりますが、今日も東京は36℃の予報です。

8月に30℃を下回ったのは1日だけとなりそうです。

まだまだ秋は遠いようです。

 

 

本日はこちらの帯のご紹介です。

 

 

柔らかいベージュの地に縦縞と矢絣のような文様の麻の帯です。

ざっくりとした織でナチュラルな雰囲気のカジュアルな麻の帯です。

浴衣や夏紬などに合わせてお召しいただけます。

 

 

麻名古屋帯(新品):¥30,000(税別)

長さ:3m70cm

 

 

 

 

 

こちらは手織りのからむし名古屋帯です。

細かい格子柄に織られたシンプルな帯なので、1本あると便利な優れものです。

からむしは苧麻とも呼ばれ、日本には古く縄文時代に伝わってきたと考えられています。

通気性・吸湿性・耐久性に優れていて、高温多湿の日本の夏の気候にとても適した繊維です。

また、虫も付きにくいそうなので、保管するのにも安心ですね。

 

 

 

からむし名古屋帯(新品):¥45,000(税別)

長さ:3m67cm

 

 

 

 

 

白の絽の地に舟と桔梗と露芝の文様の開き名古屋帯です。

紫色とオレンジ色の大きな桔梗が可愛い帯です。

絽や紗の着物に合わせると素敵ですね。

 

 

絽名古屋帯:¥28,000(税別)

長さ:3m65cm

*シミがあります。

 

 

もうしばらく夏を楽しみましょう。

 

by wanokaori

手描きの帆船の帯

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 11:25

昨日は富士山がくっきりと見えました。雪のない真っ黒な富士山でした。

この時期に見えるのは珍しいそうです。気温も40℃を超えたところがありました。

今日も各地で猛暑日の予報ですので、どうぞお気を付けください!

 

 

本日はこちらの帯のご紹介です。

 

 

クリーム色の麻の地に手描きの帆船の名古屋帯です。

帆船の帯は目にすることがありますが、手描きの物は少ないように思います。

麻の着物や夏紬などに合わせて個性的な印象になりますね。

 

帆船の文様は江戸時代に登場したようです。

当時はかなり斬新な文様だったことでしょう。

 

 

ちょっとした遊びにお出かけの時にいかがでしょうか?

 

 

麻名古屋帯:売約済

by wanokaori

鉄線の柄の麻の名古屋帯

  • 2020.08.10 Monday
  • 12:22

今日も各地で、猛暑日の予報が出ています。

ここ1週間は続きそうですので、十分にお気をつけください。

 

 

本日はこちらの帯のご紹介です。

 

 

生成りの麻の地に鉄線の花の名古屋帯です。

紫と白の鉄線が夏の庭に咲いている様子でしょうか。夏紬や麻の着物に合わせたいです。

 

鉄線はキンポウゲ科の落葉蔓植物です。鉄線のような丈夫な蔓を持つことから

中国では「テッセン」、日本ではその形から「カザグルマ」と呼ばれています。

イギリスではつる性植物の女王と言われていて、今では「クレマティス」と呼ぶかたのほうが日本でも多いかもしれません。

 

 

その時期のモチーフの帯や着物で季節を楽しむことは、着物の魅力の一つですね。

 

麻名古屋帯:¥25,000(税別)

長さ:3m46cm

 

by wanokaori

レトロモダンの名古屋帯

  • 2020.05.29 Friday
  • 10:53

このところ、関東では大気の不安定なお天気が続いています。

今日も夕方に、にわか雨や雷雨の予報です。

急にもくもくした黒い雲が出てきたり、冷たい風が吹いてきたら天気急変のサインです。

洗濯物には気を付けましょう!

 

 

本日はこちらの帯のご紹介です。

 

 

ローマの宮殿で見られるような植物をモチーフにした文様の八寸名古屋帯です。

全体をレトロモダンな雰囲気にコーディネートすると素敵になりそうです。

 

芯を入れずに手先とお太鼓部分のみをかがってある帯のことを、かがり帯、八寸帯と呼び

軽やかなイメージがあるため、単衣時期に好まれて使われています。

実際には真夏以外3シーズン使えますが、少々カジュアルなイメージですね。

 

 

小振りの淡い色の一粒のアメジストの帯留を合わせました。

2月の誕生石であるアメジストは、和名を紫水晶と呼び、水晶の仲間です。

色の薄いものをラベンダーアメジストと呼び、今とても人気が高いようです。

アメジストは心に平穏をもたらし、安らぎと癒しをもたらしてくれると言われています。

現代人に必要な石かもしれないですね。

 

 

名古屋帯:¥6,500(税別)

  長さ:3m92cm

 

アメジスト帯留:¥18,000(税別)

三分紐:¥3,200(税別)

 

by wanokaori

レトロ感が可愛い染名古屋帯

  • 2020.05.25 Monday
  • 11:45

昨日は久しぶりにお日さまに会えました。

富士山も見えて、気持ちの良い天気がやっと戻りましたね。

梅雨入りまでの短い間、心地よい季節を楽しみたいです。

 

 

今日はこちらの帯のご紹介です。

 

 

黒地にちょっとおどけた感じの花唐草が可愛らしい名古屋帯です。

少し大きめの花は水仙でしょうか、それとも蘭でしょうか?

特定できないのでお花ということで季節問わずお召しになれると思います。

 

中国から伝来の「唐花文」、「唐」に込めた意味は複雑で多弁な花形文様の総称で、特定の花を意匠したものではありません。
「牡丹唐草」、「菊唐草」、「蓮唐草」など唐草と花を組み合わせ、多様に変化していきました。

焼き物の絵付けでもよく見られる文様ですね。

 

 

この時期にピッタリのさくらんぼの帯留を合わせてみました。

紬や小紋でカジュアルなシーンに如何でしょうか?

 

 

名古屋帯:¥38,000(税別)

  長さ:3m74cm

 

プラスティック製帯留:¥12,000(税別)

三分紐:¥3,200(税別)

 

by wanokaori

裏表使えてお得な昼夜帯

  • 2020.05.20 Wednesday
  • 13:45

東京はここ2,3日、お日さまと会えずにさみしいですね。

気温もやや低めですが、これが平年並みなのでしょう。

このくらいが過ごしやすいですね。

 

本日はこちらの帯のご紹介です。

 

 

ベージュにこげ茶の矢羽柄にグレーの縦縞を大胆に組み合わせた渋い帯です。

有りそうでないような文様に個性を感じます。

 

 

合わせたのは竹を象ったべっ甲の帯留です。竹のモチーフは帯留ではよく見かけますが、

この竹の形は色や形のバランスがよくて個人的にとても好きです。

 

 

この帯はいわゆるリバーシブル、裏表両面で楽しめる腹合わせ帯です。

 

江戸時代中期、庶民の女物帯として流行したのものが、腹合わせ帯です。

当初は、黒繻子織と白博多を使っていたようで、

その色目から、昼夜帯(明るい昼と暗い夜の見立て)、

鯨帯(鯨の黒い背と白い腹の見立て)などとも、呼ばれていたそうです。

 

 

もう片面はこちらです。

 

 

朱の鹿の子絞りで花唐草を表現し、藍色の部分で帯全体を引き締めてます。

両面で全く違う表情なので、コーディネートの幅も広がります。

こちら側にも先程の竹のべっ甲帯留は合いますね。

 

 

紬や小紋にあわせてレトロな雰囲気の装いに如何でしょうか?

 

昼夜帯:¥28,000(税別)

    長さ:3m83cm

*小さいシミがあります。

 

べっ甲帯留:¥18,000(税別)

三分紐:¥3,200(税別)

 

by wanokaori

 

元気がもらえるような帯

  • 2020.05.12 Tuesday
  • 13:09

今週、東京は30℃近い気温が続く予報が出ています。

湿度が低いので過ごしやすいですが、もう?という気持ちです。

今年の夏はどうか猛暑にはならないでほしいです。

 

 

 

本日はこちらの帯のご紹介です。

赤や金糸が目を引く豪華な文様の織の帯です。

インド更紗柄のようにも、宝相華のようにも見えてどこか異国情緒感じる文様です。

 

 

帯に溶け込むような3粒のガラスの帯留を合わせて、可愛らしくまとめました。

小紋、色無地、付け下げなどに合わせてお食事や観劇、パーティーなどに如何でしょうか?

 

 

帯:¥38,000(税別)

  長さ:4m8cm

ガラス帯留:¥25,000(税別)

三分紐:¥3,200(税別)

 

by wanokaori

青い小花の塩瀬帯

  • 2020.05.10 Sunday
  • 12:09

春は風が強い日が多いですね。

昔より強さが増しているような気がしますが気のせいでしょうか。

今は着物を着るのにとても良い季節です。

美しいキモノの企画で”うちで美しいキモノ”というキャンペーンもあるようです、

是非探してみてください。

 

 

本日はこちらの帯のご紹介です。

 

 

黒い塩瀬に鈍い青紫系の小花の名古屋帯です。

何のお花か特定できないので、”お花”ということで季節を気にせず

お召しいただいてよいのではないでしょうか。

 

塩瀬は塩瀬羽二重の略で、縦糸を密にし、太い横糸を用いて横筋を出した平織の織物です。

袱紗(ふくさ)・半襟・羽織地などに使われていて、この帯もとても人気が高いですね。

 

合わせた帯留は、金更紗の丸い帯留です。お値段もお手頃で、アクセントになりますね。

小紋や紬に合わせおしゃれ着としてお召しになるのは、いかがでしょうか?

 

 

 

塩瀬名古屋帯:¥12,000(税別)

    長さ:3m48cm

金更紗帯留:¥5,000(税別)

三分紐:¥3,200(税別)

 

by wanokaori

バティックの帯に洋蘭の帯留

  • 2020.05.08 Friday
  • 12:00

昨日も今日も、久しぶりに富士山を見ることができました。

気持ちの良いお天気ですね。

地域によっては自粛生活が終わりになるようですが、

東京はもう少し我慢しないといけないですね。

あと少しがんばりましょうね。

 

 

本日はこちらの帯と帯留のご紹介です。

 

 

暗い灰みがかった柔らかい茶色のバティックの名古屋帯です。

斜め縞がシャープでキリッとした印象の更紗柄です。

室町時代から「海のシルクロード」を渡って日本に運ばれ始めた更紗は、

そのめずらしさと強烈な個性で人々の心を魅了しました。

江戸時代には日本風へ変化を遂げていきましたが、その過程で友禅の技術を触発したとも言われているそうです。

 

 

その更紗帯に合わせたのは、洋蘭を象り、小さなルビーが入った銀製の帯留です。

透かしのフォルムが帯の個性を邪魔していませんね。

蘭の花は一年中咲いているようですので、季節を問わずお使いいただけると思います。

無地の紬などに合わせて街着などに如何でしょうか?

 

 

綿名古屋帯:¥25,000(税別)

長さ:3m70cm

銀製帯留:¥55,000(税別)

三分紐:¥3,200(税別)

 

by wanokaori

小坊主柄の面白い帯

  • 2020.04.14 Tuesday
  • 17:33

昨日とは打って変わって、今日は気持ちの良いお天気です。

朝から、久しぶりに富士山も綺麗に見えています。

引きつづき ”Stay Home and Keep Positive!”

 

本日はこちらの帯のご紹介です。

 

 

白地にグレーのお花?と思ってよく見るとグレーの衣を着た小坊主さんの文様です。

色々なポーズをとっているたくさんの小坊主さん。

遊び心たっぷりの名古屋帯です。紬や小紋などに合わせてお召しいただけます。

 

 

小坊主さんの文様には陰陽の形の漆塗りの帯留を合わせました。

陰陽とは、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰と陽の二つのカテゴリに分類する思想です。

静と動、暗と明、冷と熱…今、そんなことをゆっくり考える時期なのかもしれないですね。

 

ちょっと個性的な装いに如何でしょうか?

 

名古屋帯:¥12,000(税別)

帯留:¥20,000(税別)

三分紐:¥3,000(税別)

 

by wanokaori

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

お知らせ

ブログ掲載商品については、お気軽にお問い合わせください。
TEL: 03-3445-1269
meguro@ikeda-kimono.com

※メールでのお問合せに対して、お返事が遅くなることがございます。

ブログ掲載商品は、店頭でも販売いたしております。
メール確認時には売り切れになっていることもありますので、ご了承ください。

お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。
---------------------------
営業時間

11:00 - 17:00


営業日:木曜日、金曜日、土曜日
---------------------------
ホームページ
リニューアルいたしました。下記にリンクが貼ってありますので、ご覧ください。

ランキング



 

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM