目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
個性的な夏帯

 

今日は個性的な夏帯をご紹介します。

南米っぽいような、アフリカ大陸っぽい

ような…赤道に近い地域の雰囲気が漂う、

ユニークな柄行の帯です。

 

着物は無地の単衣紬でさっぱりと。

帯に負けないよう、半衿はレースに。

グレーを透かして着物とバランスを取りました。

P6220344.JPG

 

P6220345.JPG

夏の名古屋帯:¥9,500+税

長さ:約3m48cm

半衿:¥3,000+税

 

帯・着物共に、この写真↓が実際の色目に

近いです。

P6220342.JPG

着物のアップ。実際はもっとこげ茶色です。

P6220346.JPG

単衣の無地紬:¥6,500+税

身丈:肩から4尺(約151.5cm)

裄:1尺7寸(約64.4cm)

袖丈:1尺2寸(約45.5cm)

 

帯の柄に埋没しないよう、大きめの帯留を

アクセントにしました。

シンプルなデザインなので、合わせやすいですよ。

P6220343.JPG

べっ甲と白珊瑚の帯留:¥15,000+税

大きさ:約5cm×5cm

 

南米にアフリカ大陸と言えば…

今はW杯のことで頭がいっぱい!な自分は、

先日のコロンビア戦、明後日のセネガル戦を

思い浮かべてしまいます。

ん⁈ それでこの帯を選んだのか⁈

それはともかく、次戦もガンバレ!ニッポン!

 

by スタッフ jimmy

 

 

 
 

花唐草の絽の小紋

今日は朝から大阪の地震のニュースに

驚きました。暫く余震もあるかと思いますので

お気を付けください。

 

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

白地の絽に藍色の花唐草の小紋です。

 

P6180306.JPG

 

白地はやっぱり涼やかですね。

小花が清楚で、清らかな印象です。

 

P6180307.JPG

 

合わせた帯は絽の名古屋帯です。

お花で揃えました。

 

P6180314.JPG

 

後姿はこちらです。

色をたくさん入れないのが池田流です。

 

P6180312.JPG

 

白い石の一粒の帯留でさっぱりとしました。

 

P6180309.JPG

 

衿元は桔梗の刺繡半衿で、優しく優雅に。

 

P6180311.JPG

 

暑い夏でも涼やかにお召しいただけると思います。

如何でしょうか?

 

 

 

 

絽小紋:¥13,000(税別)

身丈:肩から 4尺1寸5分(約157.2僉

裄丈:1尺6寸7分(約63.3僉

袖丈:1尺2寸5分(約47.4僉

*シミがあります

 

名古屋帯:¥6,000(税別)

長さ:約3m43

*お太鼓部分その他にシミがあります。

 

 

帯留:¥5,500(税別)

帯揚:¥4,000(税別)

半衿komo-243):¥12,000(税別)

*こちらの商品は通販のページにて詳細を

ご覧いただけます。

 

 

 

 

関東の梅雨明けの平均は7月21日だそうです。

まだ1か月ありますね。

鬱陶しいですが、明けると35℃になる

でしょうから、早く明けてほしいとは

思えないですね。

体調管理お気を付けください。

 

by staff:wanokaori

夏物アンティークのコーディネート

明日からはしばらく、雨の予報です。

今日は梅雨の晴れ間です、貴重に使いたい

ですね。

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

 

藍色の地に変則的に縦に銀糸が入った

絽の小紋です。

 

ブログ6月 (3).JPG

 

とても軽くて涼やかな印象です。

 

P6140286.JPG

 

合わせた帯は絽の丸帯です。

丸帯ですので、存在感がありますね。

 

P6140282.JPG

 

流水に桜楓と松。色味もとても上品ですね。

銀糸も効いていて、華やかさもあります。

 

P6140284.JPG

 

丸帯に合わせる帯留は、負けないように

大きさのあるものにしました。

夏にぴったりの翡翠に細かな細工を施した

大き目の帯留を合わせました。

 

P6140283.JPG

夏のおしゃれに如何でしょうか?

 

 

 

夏着物:¥18,000(税別)

身丈:肩から 4尺1寸0分(約155.3僉

裄丈:1尺6寸8分(約63.6僉

袖丈:1尺1寸8分(約44.7僉

 

 

絽の丸帯(anti-obi-034):¥25,000(税別)

長さ:約3m96

*引き抜きの柄付けになっています。

*こちらの商品は通販のページにて詳細を

ご覧いただけます。

 

 

翡翠の帯留:¥230,000(税別)

帯揚:¥4,600(税別)

半衿(komo-233):¥12,000(税別)

*こちらの商品は通販のページにて詳細を

ご覧いただけます。

ウサギの柄の日傘:¥40,000(税別)

 

 

 

東京ステーションギャラリーでは、

今、竹久夢二の展覧会が行われています。

500点もの作品が見られます。

7月1日まで開催ですので、

ぜひ、寄ってみてください。

by staff:wanokaori

 

生成り色の単衣の紬

 

今日はこちらのお着物のご紹介です。

生成り色に大きな絣柄の紬の単衣。

目にも涼しげで、今の時季に爽やかにお召しいただけます。

図案化された、可愛らしいお花柄の帯を合わせて、

街歩きにピッタリのコーディネートになりました。

 

P6140266.JPG

見えづらいかもしれませんが…

「×」の中心・交点の部分に、赤や黄色の小さな絣が

重ねられています。

P6140267.JPG

単衣の紬:¥20,000+税

身丈:肩から4尺5分(約153.4cm)

裄:1尺6寸5分(約62.5cm)

袖丈:1尺2寸(約45.5cm)

 

 

ざっくりと織られた涼しげな名古屋帯。

何気なく描いたようなお花が、ポップな雰囲気!

着物の絣柄とリンクさせたブルーが効いています。

P6140265.JPG

 

P6140269.JPG

名古屋帯:¥18,000+税

長さ:約3m70cm

 

琥珀と陶器の帯留。透け感が涼しげですね。

これからの季節に重宝することまちがいなし!

P6140268.JPG

琥珀と陶器の帯留:¥18,000+税

 

サッカーのW杯が始まりましたね!

スポーツ観戦好きの自分は、寝不足の日々の始まりです。

しかし他のスタッフは、ほぼ興味ないらしい…

でも声援が届きますように。ガンバレ!西野ジャパン!

 

by スタッフ jimmy

 

単衣のシンプルな紬

 

6月20日水曜日に予定しております

『着物コーディネート教室』は午前中は満席に

なりました。

午後はまだ空席がございますので、ぜひ

ご参加ください。お電話お待ちしております。

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

ベージュ色の地に絣の柄が飛んで

入った単衣の紬です。

 

P6030266.JPG

 

合わせた帯は紗の格子柄名古屋帯です。

色が濃いめなので、長い期間楽しめると

思います。

 

P6030270.JPG

 

 

よく見ると紬の横縞は曲線を描いています。

節があり、風合いがいいですね。

 

P6030271.JPG

 

 

半衿は紋紗で、少し濃いめにしました。

帯に少し緑色が入っているので

その緑色を拾って、絽縮緬の帯揚げを

合わせました。

 

P6030268.JPG

 

帯留は白蝶貝の魚で涼しげに。

帯締めは市松柄で少し遊びました。

 

P6030273.JPG

 

街着やちょっとしたお出かけに如何でしょうか?

 

 

 

単衣紬:¥22,000(税別)

身丈:肩から 4尺0寸2分(約152.3僉

裄丈:1尺6寸6分(約62.9僉

袖丈:1尺2寸3分(約46.6僉

 

紗の名古屋帯:¥18,000(税別)

長さ:約3m74

 

帯留:¥12,000(税別)

 

 

今日の東京は真夏のような気候です。

梅雨の前の晴れ間でしょうか。

まだまだ、暑さに慣れていないですので

気を付けないといけないですね。

 

by staff wanokaori

 

水澄しの涼やかな付け下

昨日の東京はすがすがしくて着物には最適な

気温でしたがまた少しずつ暑くなってきましたね。

梅雨はいつからでしょうか?

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

少し黄みがかった紬地に、水に青紅葉の

付け下です。

ゼンマイが織り込んである夏紬は

ざらっとした感触で程よい透け感が涼しげです。

 

P5170261.JPG

 

水にアメンボに青紅葉の図は涼を呼ぶ文様の

ひとつですね。風情があって素敵ですね。

 

P5170264.JPG

 

近くで見ると、ゼンマイが節のように織り込ん

であるのが見えますね。

 

P5210260.JPG

 

合わせた帯は水の景色を邪魔しないように

同系色にまとめました。

帯留は夏の宝石の翡翠です。

 

P5170263.JPG

 

これからの時期の少しおしゃれをする場面

で如何でしょうか?

 

 

 

付下:¥28,000(税別)

身丈:肩から 4尺2寸5分(約161僉

裄丈:1尺7寸5分(約66.3僉

袖丈:1尺2寸8分(約48.5僉

*しみがあります。

 

紗の名古屋帯:¥8,500(税別)

長さ:約3m48

*傷み、汚れあります。

 

翡翠帯留:¥32,000(税別)

半衿:¥3,000(税別)

 

 

 

 

6月は各地の神社で例大祭が行われますね。

ちょっと着物でお出かけするのに

いいですね。

by staff wanokaoriあじさい

単衣の鮫小紋

今日は、江戸小紋の中でも人気の高い、

単衣の鮫小紋のご紹介です。

 

黒地に白抜きの鮫小紋。

遠目にはグレーの無地のようにも見え、

重すぎず、合わせやすいお着物です。

豪快に泳ぐ鯉の帯を合わせて、池田らしい

コーディネートになりました。

 

P5180260.JPG

 

P5180266.JPG

単衣の鮫小紋:¥8,500+税

身丈:肩から3尺8寸(約143.9cm)

裄丈:1尺6寸2分(約61.4cm)

袖丈:1尺(約37.9cm)

 

背紋(丸に三つ星に一の字)がついています。

P5180264.JPG

 

躍動感ある鯉が織出されています。

水晶の帯留を波のしずくに見立てて。

P5180263.JPG

 

P5180265.JPG

袋帯:売約済

水晶の帯留:¥12,000+税

 

※この帯留は、2018年4月5日掲載の

コーディネートでも使用しています。⇒こちらへ

フォーマルにもカジュアルにも合うので、使いやすいです。

涼やかなので、これからの季節は浴衣にもピッタリ!

ワンランク上の着こなしになりますよー

 

by スタッフ jimmy

白大島の涼しげな単衣

ここ2~3日は夏日にせまる暑さでしたね。

今日からは落ち着くようです、ちょっと

ホッとしますね。

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

 

P4220260.JPG

 

少しグレーがかった白大島の地に

亀甲で幾何学模様の単衣の紬です。

明るい小豆色の線がアクセントに

なっています。

 

P4220262.JPG

 

合わせた帯はレンガ色の地に抽象的な

お花の図案の型染めです。

木綿ですので、さらっとした手触りです。

 

P4220261.JPG

 

涼しげな石の帯留を合わせました。

 

P4220263.JPG

 

今の時期に如何でしょうか?

 

 

 

 

単衣の紬:¥18,000(税別)

身丈:肩から 4尺2寸7分(約161.7僉

裄丈:1尺7寸0分(約64.4僉

袖丈:1尺3寸0分(約49.2僉

*背中にしみがあります。

 

木綿の名古屋帯(b-504):¥30,000(税別)

長さ:約3m47

 

帯留:¥5,500(税別)

 

 

 

 

近所のアカシアの木が満開でした。

通常はゴールデンウイークに満開ですが

今年はやはり早いです。あたり一面いい香り

が漂っていました。

by staff wanokaori柳

単衣の色大島に単衣帯

まだ4月だというのにこの気温…

池田では前々から、時期でなくても気温によって

単衣の着用をオススメしていますが、こうなると

ご納得いただけると思います!

 

というわけで今日も単衣を推してまいります。

単衣の色大島のご紹介です。

 

白地に亀甲と蚊絣で波柄が織り出されています。

色大島とはいえ、白大島に薄く色がかかったよう

ですので、真っ白過ぎるのがちょっと…という

方にはおすすめですよ。

P4200245.JPG

 

P4200246.JPG

単衣の色大島紬:売約済

 

無地場の多い単衣の名古屋帯でスッキリと。

P4200247.JPG

P4200248.JPG

単衣の名古屋帯:¥9,500+税

長さ:約3m56cm

 

帯の丸い柄にあわせて、丸い陶器の帯留を。

丸いモチーフを並べて、コロンと可愛らしい

雰囲気になりました。

P4200249.JPG

陶器の帯留:¥12,000+税

 

今日は店主の池田もスタッフも二人とも単衣を

着ていますが、それでも動くと暑いです。

春は何処へ行ってしまったのでしょうねぇ…

風情と共に去ってしまったように思えます。

 

 

by スタッフ jimmy

唐草紋の単衣の紬

昨日までは肌寒い日が続いていましたが

今日から3日間は初夏のような陽気だそうです。

ついていくのが大変ですね。

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

深い藍色の亀甲に大き目の唐草文様の

単衣の紬です。

 

P4160238.JPG

 

一枚目の画像が一番近いお色です。

さっぱりとした柄ですので、飽きずに

ずっとお召しいただけますね。

 

P4160242.JPG

 

合わせた帯は左右で柄が違う八寸

名古屋帯です。

 

P4160239.JPG

 

博多織のような締めやすそうな帯です。

反対方向に締めれば赤い方が出ますね。

 

P4160241.JPG

 

帯留は柘植の木から彫られた牡丹です。

 

P4160240.JPG

 

短い春のお出かけにいかがでしょうか?

 

 

単衣の紬:¥32,000(税別)

身丈:肩から 4尺2寸5分(約161僉

裄丈:1尺7寸5分(約66.3僉

袖丈:1尺2寸3分(約46.6僉

 

名古屋帯:¥18,000(税別)

長さ:約3m48

 

牡丹の帯留(obido-000312):¥38,000(税別)

この商品は通販ページで詳細が見られます⇒こちらへ

 

 

 

藤の花も例年よりも10日も早い開花だそう

です。藤の香を堪能しに行きたいですね。

 

by staff wanokaori藤