目黒『時代布と時代衣装 池田』のスタッフによるブログ
お店のおすすめ商品、新着情報をお知らせいたします。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コーディネート講座

 

先日、コーディネート講座が開催

されました。

猛暑の中、集まっていただき

ありがとうございました。

 

今回のテーマは「浴衣」。

始めに浴衣の歴史や生地のお話など、

お勉強を少し。

 

P7190004.JPG

 

そして、後半のコーディネート実践編では

皆様帯選びに白熱されていましたね。

 

P7190007.JPG

 

選ばれた帯についてみんなで意見を交わします。

 

P7190006.JPG

 

来月8月は、コーディネート講座を

お休みさせていただきます。

次回の詳細は改めてお知らせいたします。

 

 

 

 

 

 

川崎大師にて風鈴市が開催されています。

47都道府県の風鈴が3万個も売られていて

見るだけでも楽しいですね。

期間中は参道のくず餅も半額で

食べれます。

今日まで開催です。浴衣でどうぞ

お出かけください。

 

 

by staff wanokaoriヤシの木

羅の赤い帯のコーディネート

毎日暑いですねー。

この季節は、シャワーやお洗濯が増えたりして

お水をじゃぶじゃぶ使いたいですよね。

それなのに、空梅雨だった地域では

水不足が心配になっているそうです。

どうか、深刻な事態になりませんように!

 

さて今日は、桔梗の赤い帯を使った

コーディネートのご紹介です。

 

しゃっきりとした風合いの夏紬に、少しくすんだ

お色目の赤い羅の帯を合わせてみました。

 

P7210009.JPG

 

P7210010.JPG

夏紬の着物(b-473):¥32,000

※しみ在り

身丈:肩から4尺1寸5分(約157.2cm)

裄丈:1尺6寸7分(約63.3cm)

袖丈:1尺3寸(約49cm)

帯留(b-457):¥3,500

 

 

P7210012.JPG

羅の帯(b-474):¥12,000

長さ:約3m45cm

 

赤い帯を大人っぽくするために、色数を

増やさないこと、小物の色のトーンを合わせることに

注意してコーディネートしました。

 

赤い帯って、何故か一家に一本はありませんか?

この機会にどうぞ試してみてくださいね。

 

by スタッフ jimmy

 

葉っぱの文様の紗の着物

東京も連日の猛暑日です。

しばらく30℃超えとのことですが、

耐えられるのでしょうか?

皆様、お気を付けください。

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

黒の紗の地に葉脈のある葉っぱの文様です。

 

 

P7130023.JPG

 

夏の黒も涼しげに見えますね。

中に白い長襦袢をお召しになると

柄も透け感ももっとはっきりしてくる

と思います。

 

P7110021.JPG

 

合わせた帯は少しクリーム色がかった

絽の地に籠に女郎花。

秋草が印象的な名古屋帯です。

 

P7130024.JPG

 

帯留は控えめにスモーキークォーツです。

 

P7110019.JPG

 

半襟は白の紋紗で、すっきりと。

 

P7110018.JPG

 

葉っぱの文様のアップです。

 

P7110022.JPG

 

こちらのお着物は長くお召しいただけますね。

ちょっとしたお出かけに如何でしょうか?

 

 

 

 

紗の小紋(b-469):¥20,000(税別)

 身丈(肩より):4尺2寸5分(161cm)

 裄:1尺6寸9分(64m)

 袖丈:1尺2寸5分(47.4cm)

 

 

絽の名古屋帯(b-470):¥12,000(税別)

 長さ:3m65cm 

 

スモーキークォーツの帯留:¥10,000(税別)

紋紗半襟:¥3,000(税別)

 

 

 

 

 

 

 

明日は海の日で祝日ですね。

「海の恩恵に感謝するとともに海洋国家

日本の繁栄を願う」日だそうです。

お店はお休みさせていただきますので、

お間違いないようにお願いいたします。

 

by staff wanokaori人魚

 

 

洗える着物第二弾

今日も東京は蒸し蒸しと暑いです。

31~32℃はこんなにも暑かったでしょうか?

体感温度はもっとあるように感じますね。

 

 

 

 

先日に続き本日も洗える着物のご紹介です。

 

白地に黒の縦じまに小さなエンゼルフィッシュ

が泳いでいます。

 

P7100017.JPG

 

帯は透け感のある代わり織の名古屋帯です。

茄子紺色の合わせやすい帯です。

 

P7100018.JPG

 

帯留は白蝶貝の船にしました。

海つながりで、帯締めも波をイメージして選びました。

 

P7100019.JPG

 

後姿はこちら。

お色味は画像より黒っぽく見えます。

 

P7100023.JPG

 

モノトーンのエンゼルフィッシュが涼感を

呼びます。

 

 

P7100024.JPG

 

今の時期にとても重宝します。

お出かけにいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

ポリエステルの絽の小紋(b-467):¥10,000(税別)

 身丈(肩より):4尺4寸0分(166.7cm)

 裄:1尺7寸0分(64.4m)

 袖丈:1尺3寸0分(49.2cm)

 

 

変わり織の名古屋帯(b-468):売約済

 長さ:3m69cm 

 

白蝶貝の帯留(obido-218):売約済

半襟:¥3,000(税別)

帯締:¥4,800(税別)

帯揚:¥4,500(税別)

 

 

 

 

 

 

ほおずき市、朝顔市、風鈴市など

各地でお祭りが目白押しですね。

浴衣を着てお出かけするのに

いいですね浴衣

 

 

by staff wanokaori魚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗える夏着物

東京は今日も暑いです。

大雨の地域と雨が少なく酷暑の地域と

気候が両極端になってきているようですね。

 

 

 

 

本日はこちらのお着物のご紹介です。

 

遠目に見ると夏大島紬のような

ポリエステルのお着物です。

透け感もあり涼しげですね。

 

P7090017.JPG

 

ポリエステルですので、雨の日や汗シミなども

気にせずにお召しいただけます。

急な雨にも心配いらないですね。

お家で洗えるのは便利です。

 

 

P7090018.JPG

 

白の塩瀬地に芙蓉の花の絽の名古屋帯を合わせました。

帯は正絹です。

 

P7090019.JPG

 

大き目の一粒のスモーキークォーツの帯留で。

 

P7090021.JPG

 

木枝に葉っぱの文様です。

 

P7090022.JPG

 

カジュアルなシーンでの装いにいかがでしょうか?

 

 

 

 

ポリエステルの夏紬(b-465):売約済

 身丈(肩より):4尺2寸0分(159.1cm)

 裄:1尺7寸0分(64.4m)

 袖丈:1尺2寸5分(47.4cm)

 

 

絽の名古屋帯(b-466):売約済

 長さ:3m59cm *少々シミあり

 

スモーキークオーツの帯留:¥10,000(税別)

半襟:¥3,000(税別)

 

 

 

 

 

私の家の周りではやっと蝉が

鳴き始めたようです。

最低気温が25度を超えると鳴き始めるとか。

子供の頃はもっと早くから鳴いていたように

感じるのは私だけでしょうか?

 

 

 

by staff wanokaori蝉

藍型染の絽小紋

連日、今年の最高気温を更新していますが、

今日も更新でしょうか?

夏はまだ始まったばかりですので、

皆様、お身体お気を付けください。

 

 

 

 

本日はこちらの小紋のご紹介です。

 

オフホワイトの絽の地に藍の型染

の小紋です。

藍一色の濃淡で染める藍型は、多色の

紅型とは違って、爽やかなイメージになりますね。

 

 

P7010252.JPG

 

帯は青の紗献上を合わせました。

 

P7010256.JPG

 

少し青みがかった小千谷の半襟を合わせました。

 

P7010253.JPG

 

クオーツアイトという一粒の天然石と両脇に

ビーズがあしらわれている帯留です。

 

P7010254.JPG

 

楓、松やあやめなどの植物などを図案化していて

とても趣があって面白いですね。

 

P7010255.JPG

 

ご友人とのちょっとしたお出かけやお食事

などにいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

絽の小紋(b-456):¥25,000(税別)

 身丈(肩より):4尺0寸5分(153.4cm)

 裄:1尺6寸5分(62.5m)

 袖丈:1尺2寸5分(47.4cm)

*少々やけあり

  

 

紗献上の名古屋帯(b-441):¥9,000(税別)

 長さ:3m40cm *少々シミあり

 

クオーツアイトの帯留(b-457):¥3,500(税別)

帯締:¥3,200(税別)

半襟:¥3,500(税別)

 

 

 

 

 

 

 

今日は満月そして一粒万倍日ですね。

縁起のいい日が重なっています。

お財布の購入するのにいい日

のようですね。

 

 

by staff wanokaoriお財布

 

7月『着物コーディネート教室』満席のお知らせ

 

7月19日水曜日に開催いたしますコーディネート

講座は午前、午後共に満席になりました。

ありがとうございます。

 

なお、8月は勝手ながら休講とさせていただきます。

 

9月以降のお知らせは順次、ブログ等でご案内いたします。

どうぞよろしくお願い致します。

緑の小紋

今日も東京はうんざりするような暑さです…

一方で、北九州から四国・広島の地域では

雨が降りやまず、甚大な被害が出ている地域も

あるとのこと。被害にあわれた方にお見舞い

申し上げます。

これ以上被害が大きくなりませんように。

 

さて、今日のコーディネートは、笹の葉の

ような鮮やかなグリーンの小紋をメインにして

みました。

 

P7010248.JPG

P7010245.JPG

絽の着物(b-458):¥28,000

身丈:肩から4尺1寸(約155.3cm)

裄:1尺7寸(約64.4cm)

袖丈:1尺2寸7分(約1尺2寸7分)

 

白地の帯でさっぱりと。涼やかさを出して

みました。

 

P7010244.JPG

P7010250.JPG

名古屋帯(b-459):¥8,500

長さ:約3m38cm

 

帯留の翡翠を着物とリンクさせて引き締めて。

P7010246.JPG

翡翠とパールの帯留(b-459)

:¥75,000

 

翡翠といえば。

2年前に他界した池田重子が好んで

身に着けておりました。

中でも、色白で華奢な指にしていた、

とても素敵な翡翠の指輪を思い出します。

 

by スタッフ jimmy

上品な絽の小紋

急に蒸し暑くなってきましたね。

昨日は各地で大雨もありましたね。

天候の変化には気を付けないといけないですね。

 

 

 

 

 

本日はこちらの絽の小紋のご紹介です。

藍の地に細い銀糸のラインが縦に

不規則に入った小紋です。

 

P6300243.JPG

 

下に白い長襦袢を着るともう少し

白っぽくそしてラインもくっきりと

出てくると思います。

 

 

 

P6300245.JPG

 

合わせた帯は絽の丸帯。

優しい色の花筏文様の見事な絽の丸帯です。

 

 

P6300244.JPG

 

半襟は絽に豪華に秋草の刺繡が施されているリサイクルの

ものです。

 

P6300248.JPG

 

引き抜きタイプなので、結び方は要注意です。

 

 

P6300246.JPG

 

帯留は銀に小さなルビーとジルコニアをあしらった菖蒲でしょうか?

お花を合わせました。

 

 

P6300247.JPG

 

ご友人との会食や少し改まったお席までお召し

いただけると思います。

夏の装いの一枚にいかがでしょうか?

 

 

 

 

絽の小紋(ikeda-ki33):¥18,000(税別)

 身丈(肩より):4尺1寸0分(155.3cm)

 裄:1尺6寸8分(63.5cm)

 袖丈:1尺1寸8分(44.7cm)

  

 

絽の丸帯(b-462):¥23,000(税別)

 長さ:4m22cm

 

銀にルビーの帯留(obido-327):¥55,000(税別)

帯締:¥4,200(税別)

半襟:¥38,000(税別)*少々シミあり

 

 

 

 

 

 

明日は七夕ですね。

織女(しゅくじょ)星と牽牛(けんぎゅう)星。

この2つの星が旧暦の7月7日に天の川を挟んで

最も輝くため、年に一度の巡り合いの日と考え、
七夕ストーリーが考えられたと言われているそうですね。

今年は晴れるといいですね。

 

 

by staff wanokaori星

今日の由紀子さん

 

本日の東京は真夏の暑さです。

まだまだ暑さには慣れていないですので、

皆様お気を付け下さいね。

 

 

 

最近、店主 池田由紀子のブログへの登場がなく、

さみしいわとのお声をお客様よりいただきましたので、

お応えいたします!

 

今日の由紀子さんです。

 

P7020268.JPG

 

由紀子さん曰く「気温が30℃を超えてきましたので、

浴衣で失礼いたします。」

 

 

P7020266.JPG

 

藍染の絞りの浴衣に、藍色の無地の織名古屋帯で、

さらりと涼しげですね。

 

P7020001.JPG

 

帯留は日本のトンボ玉に両脇は江戸ガラス。

とても貴重なものです。

 

「皆様のご来店を心よりお待ちしております。」

時代布池田店主 池田由紀子

 

 

 

 

by staff wanokaoriうきわ